あがり症の前世療法

ノブ(仮名)さんは、バンド活動をするミュージシャン。

ある日突然、ステージ上で、「あがり症」を発症してしまう。

 

というわけで、ノブさんの前世を見てみましょう。

 

イタリアの木工職人として、一日中、蔵のような家でものつくりをしている。

来る日も来る日も、同じことの毎日。

家族で、やっている・・

黙々と淡々と・・

 

それを数年・・

 

楽器を作った・・

ヴァイオリンのような楽器。

興味がわいた・・

丁寧に仕上げた。

 

ある日、盗賊に襲われて死んだ。

 

イタリアの人生と日本で生まれた人生を見比べると

日本では××屋の家に生まれて、

親からは、引き継いでもいいし、引き継がなくてもいい、どちらでもいい、と言われた。

 

イタリアでは選択肢はなかった。

疑問に思ったことはなかったと思う。

 

××屋は引き継がない。

 

そういえば、ステージでギターを壊せなかった。

どうしてもできなかった。

 

これからもやらないと思う。

 

イタリアでは蔵のような場所にいたが、今は全国ツアーであちこち行く。

そして、明るく社交的と思われているけど、

ギターの練習のとき、

蔵にいるイタリア男と同じ。

来る日も来る日も黙々と淡々と練習した・・。

 

 

END

 

あがり症の人の前世って

ほとんど殺されてます。

 

突発的に殺されて、

次は仕返ししていることがあります。

それで終わりかなと思ったら

今度は遺族になってます。

被害者の遺族、加害者の遺族、

 

この悲劇を4回もの人生で経験するなんて・・

 

ところで

あがり症は、ほぼ一回の催眠療法で消えます。

なので、次回来てくれるかたがあまりいません、汗