Aさんの体験 鳩を派遣するガイドたち 父との和解 復職へ

ある日クライアントさんから電話・・

「復職しました」

 

ということで、今回はA君・・

 

満月が見える・・

よかった・・・

これで足元がよく見える・・

すごい勢いで山を駆け上って走っている・・

嘘・・

僕、こんな体力ないのに・・

や~、まじ?

や~、うそでしょ・・

郵便配達なんだけど、夜専門みたい。寺から寺へ。

でも山を登るんだ。

険しい山を一晩で・・

あんみつ?なんだっけ?隠密?

 

大事な手紙を寺に届ける。

届けたら、身を潜めて、夜が来るのを待って、そして、また夜になったら、一気に山を駆け抜けるんだ・・

 

だけど、ある日、別の寺で捕まってしまう。

 

弁解している・・

僕は文もうなんだ。字が読めない。

でも信じてもらえない。

すごくえらいお坊さんがやってきて、

生かしておけない‥と言われる。

厳しい目で僕を見るんだけど・・

それが・・

今のお父さんなんだ。

たぶん、殺された・・

あっけない・・

 

誰かが、順調だって言ってる・・

え~?

大丈夫だって

心配ないって・・

 

END

 

 

あの帰り、家の前で鳩が瀕死になっていて、

どうしようかと思って、父に電話した。

実家はすぐなんだけど、父とは10年会っていない。

父とうまくいかなくて。

でも、父は鳩の専門家だから、鳩を見てもらおうと思って。

父は、伝書鳩を育てている。

本当はうつ病で、休職中だったんだけど、内緒で催眠受けた。

今は、会社に戻りたい。復職したら、また連絡します、ということで、復職なさいました。

 

みなさん、このからくり気づきました?

スパイ活動をする少年の命を奪った男が

父となって、少年を迎え入れ育てる。

そして、父は伝書鳩を育てている。

もし過去生で伝書鳩を使えていたら、秘密の文書は鳩にやらせることができた・・

少年の命を奪った男の物語でも、あるように思いませんか~??

そして父子の葛藤の仲介に鳩を使うなんて。

ガイドたちのセンスが素晴らしく感じます。